悩める中高生は必読!漫画【ここは今から倫理です。】は人生の参考書だ

「倫理は人生における必修科目だ」

そう思わせてくれる漫画に出会ってしまった。
どうもくろすけです。

今回オススメする漫画は「ここは今から倫理です。

そもそも「”倫理”って何?」って話ですが・・・。
僕だって学生時代、倫理の講義受けたにも関わらずよくわかってないんだから。

そもそも倫理(りんり)とは何か

人として守り行うべき道。道徳。モラル

簡単にまとめるとこんな感じ。

この漫画は僕らが当たり前に過ごしている日常に倫理がどれだけ密接に繋がっているかを教えてくれる。
人生を生きていくうえで必要なヒントをくれる漫画だと思う。

”倫理”に対して堅苦しくて難しいイメージを抱いてる人にはぜひ読んでほしいです。
僕もそんなイメージを抱いていた人間でしたから。

特に悩める中高生に読んでほしい。

ホントは去年の夏頃にオススメする予定だったけど、記事作成してた頃バタバタしててその上PCが壊れるっていう・・(涙)
結果、1年経ってしまいました(汗)

4月に3巻が発売されたのを知り、早速購入したので記事書きます!

ここは今から倫理です。とは

集英社で2016年から連載が始まり現在も連載中の学園漫画。
著者は雨瀬シオリさん。
現在3巻まで発売されている。(2019年現在)
「次にくるマンガ大賞2018」では7位にランクインした。
既刊3巻で累計30万部以上売り上げている。

あらすじ

「倫理」とは人倫の道であり、道徳の規範となる原理。学ばずとも将来、困る事はない学問。しかし、この授業には人生の 真実が詰まっている。クールな倫理教師・高柳が生徒たちの抱える問題と独自のスタンスで向かい合う──。新時代、教師物語!!

高校が舞台の学園漫画でありヒューマンドラマ。
そして物語の主人公は高柳という倫理の教師。

この漫画がどういうものか。
とりあえず言葉で説明してもうまく伝える自信がないのでまずはこの動画を見てください。

プロモーション動画を見て間違いなく漫画化すると予想。
アニメ化したら間違いなく見るだろうな。
櫻井孝宏さん演じる高柳先生の声を聞いて霊幻〇隆が脳内にフェードインしてきた(笑)
最初は少しイメージと違う気がしたけど聞きなれたら割といいかも!

この動画中のエピソードだけ見たら
「もしアニメ化したらEDは”命に嫌われている。”(柘榴ver)が合いそうだなあ」
とか思ったりしました・・・どうでもいいですね、失礼しました。

「ここは今から倫理です。」を読んだ感想

この漫画の作者は感情を描くのが上手だ。
特に負の感情。
絵もダークな雰囲気を醸し出しているがテーマにとても合ってると思う。

"倫理"というとっつきにくい題材でこれだけ面白い漫画を描けるのは並じゃない。

倫理を題材にした漫画ってどんなストーリーなの?って気になりますよね。
その好奇心から試し読みをしたら漫画の1ページ目で心を掴まれちゃったわけです。
漫画でもドラマでも映画でも物語の入りは大切だ。
特に「倫理」なんて小難しいテーマ。

「・・・退屈だ。」

最初にそんな印象を読者に抱かせたらそこで終わりだ。

この漫画のテーマが「倫理」にもかかわらず1ページ目でそれに反する行為が描かれていたら・・。そりゃね、、見ちゃうよね。

この作者は話の盛り上げ方を知ってるし掴みもバッチリ。
自分みたいに勉強が好きじゃなくて本も読まない人からすればどれだけ綺麗で正しい言葉を並べられても頭には入ってこない。
だけどこの人は読者の感情に直接語り掛けてくるから心に響くのかな。
感情が揺さぶられる感覚とでもいうのか。。

久々にじっくりと漫画を読んだ気がした。

なんでこの漫画が「次にくるマンガ大賞2018」で7位だったのか不思議だ。
もっと上位でもいいのに。
もしかしたらタイトルと絵で敬遠してる人もいるのかな。
確かにちょっと堅そうで難しそうなイメージもあるけど読まず嫌いしている人がいたら一度読んでみてほしいです。

1話完結漫画

1話を読み終えた段階では女生徒が先生の理想の女性になるため努力して教養を身につけていくストーリーかなと思いきや1話完結漫画でした。
次話では別の生徒の物語が描かれてます。
学校の問題児で先生を誘惑する女生徒、周りの人間が稚拙に見えてしまう学年トップの秀才、先生になりたいいじめられっ子など個性あふれる生徒が出てきます。
一話ごとに一人の生徒に焦点を当てて悩みや出来事を倫理に絡ませながら話は展開していきます。

1巻ではクールで何事にも動じない印象だった先生が2巻では悩んでる様だったり後悔している様だったり人間臭い一面が描かれてます。
3巻はより一層”倫理”というものを深く掘り下げた形で進んでいきます。

倫理には人それぞれの答えはあっても正解はないんだろう。
だからこそ倫理の教師である高柳先生も間違えるし、悶え、苦しむ。
きっと人は一生悩んで生きていくものなんだと知る事ができる。
悩みは切り離すものではなく一生寄り添って生きていく相棒のようなものなんでしょう。

どっかで聞いたようなセリフですかね(笑)
漫画の読みすぎかな・・。

自分が想い描く倫理に対するイメージを払拭してくれたこの漫画には感謝してる。
中高生だけじゃなく何かに悩んでる大人にもオススメです。
試し読みも出来るので気になったら読んでみてください。
面白いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です