大人のための漫画「JUMBO MAX」ED薬を巡るクライムサスペンスが熱い!

「ED薬×愛×犯罪!?男のヤバすぎる挑戦!」

というキャッチフレーズが目を引く漫画「JUMBO MAX」
前から気になっててようやく読めたので紹介!
いやあ、面白かった。

大人の大人による大人のための漫画

JUMBO MAX~ハイパーED薬密造人~とは

 

あらすじ

ED薬×愛×犯罪!?男のヤバすぎる挑戦!
小田原で薬局を営み、美人の妻と義理の娘と共に、平凡だが幸せな日常を送っていた曽根建男。
だがある日妻から妊娠を打ち明けられ強いショックを受ける。何故なら建男は今まで一度も下半身が機能したことがないという秘密を抱えていた。
妻の子は、自分の子ではない…そう思い絶望する建男。
そんな時、須磨岡という男から偶然謎のED薬を手にした建男は衝動的にこの薬を飲むと、
下半身の機能が奇跡的に回復し衝撃を受ける。
建男は須磨岡に、この薬を自分が再現し、作ると宣言した。
だがそれは、建男の人生を大きく変える、危険な日々の始まりだった--!!ED薬×愛×犯罪!!
全く新しい、最高に刺激的なクライムストーリー、開幕!!

謎のED薬を巡って繰り広げられるクライムストーリー
しがない薬局の店主が謎のED薬を手にしたことで人生を変えようと奮闘する物語。

ドラマ化された「スカイハイ」の作者でもある髙橋ツトムによる最新作。
この作品は伊集院光さんやシンガーソングライターの黒木渚さん、漫画家の浦沢直樹氏など有名人が称賛してます。
現在2巻まで既刊。
待望の最新刊の第3巻の出版予定日は2021年7月30日
続きが気になってしょうがない、とにかく待ち遠しい!

第5話まで無料で試し読み

 PRESIDENT Onlineのサイトで5話まで読めます。
いろんなサイトで最初の1話2話は無料で試し読み出来ますが、ここなら5話まで読めてお得!
サイトで#1~#5をクリックすることで5話読めます。

JUMBO MAXの感想

レビューでも言われてますがまさに大人のための漫画って感じですね。
作者も同世代に向けて作品をつくれるのが楽しみとも語っています。

絵も味があって、女性キャラが魅力的で宝生鹿子とか最高です。
決して派手な演出があるわけじゃなく、淡々と物語は進んでいく。
にもかかわらず漫画を読む手が止まらない。
これまで以上に「顔」と「セリフ」に重きを置き、
背景を減らして人の表情をしっかり見せたいとする作者の思惑がそうさせるんでしょうか。
主人公が53歳の冴えない中年オヤジなのがまたいいですね。

2巻まで読み終えても謎は深まるばかり。
ここまでで妻のあかねに深堀してないので彼女の魂胆が読めないですね。
なぜ曽根建男と結婚したのか、妊娠した子は誰の子なのか
そもそも本当に妊娠しているのか?
ミステリアスな部分が見え隠れしてるので後の展開が非常に気になります。

JUMBO MAXというタイトル。
ED薬がテーマだけにそのままの意味にもとれるが。
1973年から放送されていた「8時だヨ!全員集合」のコントで用いられた着ぐるみ人形がジャンボマックスというらしい。
これが元ネタという噂もあるけど、だとしたら非常に興味深いな。
このキャラ、髭取れば主人公の曽根建男に似てるようにも見えるが果たして・・。
ちなみに漫画「GANTZ」もタイトルの元ネタが特撮ドラマ「がんばれ!!ロボコン」の
登場キャラクターであるガンツ先生からとったとか。

漫画ジャケットの絵柄や色使いが古風だから割と昔の漫画だと思ったんだけど、
第1巻は2020年末に出てる比較的新しい作品だった。

まだ読んだことがない人は是非読んでみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です